丸10日間、概ね晴天のロング・ホリディが終了しました。マイナス気温の冬から日中20度の春への劇的な変化を肌で感じた連休でした。スタートはグレー色の木々に山、最低気温も零下でしたが、5月4日を境に山桜もボチボチ開花、気温も最低がプラスに変わり、日中一気に春の暖かさになりました。今年のGWは分散型。休みが長かったことと高速道路の渋滞回避が行き渡ったようで、日々ノンビリした雰囲気でした。

ところで皆さん、深山に来ると不思議に感じるのが桜の木。都会から来ると途中の遅咲きの桜を見て、亜高山には桜は無い?もしくは終わったと思うようで、いえいえ実はこれからなんです⁉️日本列島桜前線で北海道の北見辺りが最後の開花と言われていますが、ビブリもそのラストを飾る文字通り日本最後の花見が出来るんです❣️地球温暖化の影響でここ数年はGW中という速いサイクルでしたが、今年は5月15日前後の予想で過去の例年通りの様相です。ぜひ見に来てください。そしてそのあとは、これまた平地で終わっているツツジ、その高山版のレンゲツツジの群生が見られますよ。